メイクを落とすクレンジング、それに洗顔はいつどこで行いますか?

 

1日の疲れをとり、汚れも落とすための入浴の時、お風呂で行うという人も多いと思います。

マナラホットクレンジングゲルを使うのもお風呂で、それもありでしょう。

 

メイクだけ別に落とすのは面倒、体も髪もメイクも、お風呂でまとめてすっきり洗ってしまいたいですよね。

 

でも、使い方によってはマナラの本当の実力が発揮できない、ぷるぷるになれないことも!

 

マナラホットクレンジングゲルをお風呂で使う時のコツについて説明しましょう。

 

 

マナラホットクレンジングゲルはお風呂でも使える

 

マナラホットクレンジングゲルはお風呂でも使える、

というかお風呂で使うのもおすすめだといいます。

 

マナラを使いたい!

 

と思っている多くの人、すでに愛用している人は毛穴の黒ずみへの効果をマナラに期待していることでしょう。

 

毛穴が開けば汚れを落としやすくなりますよね。

 

マナラは温感ゲルなので、使用していると温かくなり、毛穴をやさしく開かせることができます。

 

マナラは空気中の湿度に反応してポカポカしますから、お風呂で使えばその効果がよりアップ!

 

毛穴の汚れもすっきり落とすことができるでしょう。

 

また、マナラは硬いままで使ってしまうと肌に刺激を与えることになります。

 

手のひらでやわらかくしてから使いましょう。

 

お風呂場なら温度が高めなので、やわらかくするのに時間もかからないでしょう。

 

1

でもやわらかいなと感じても、必ず両手のひらでこすりあわせてから顔にのばすのをお忘れなく。

マナラホットクレンジングゲルをお風呂で使うときの注意点

 

お風呂で使うと効果的だとはいえ、注意したい点もあります。

 

お風呂は体を洗う場所、お湯を使うし湿度も高いですよね。

 

マナラを使う時も、普通の状態で手のひらや顔が濡れている可能性が高いです。

 

それが注意したい点。

 

マナラは顔や手が乾いた状態で使うのが正しい使い方です。

 

濡れている状態だとメイクとなじみにくくなり、きれいに落とすことができない場合も。

 

お風呂で使う時は顔の水気をよく拭き取ってから使いましょう。

 

乾いた肌に使用したほうがメイクが落ちやすいです。

 

 

また、お風呂では湿度が高い状態でマナラを使うことになります。

 

マナラは湿度や温度が高い状態で使うと、ポカポカするというよりも熱いと感じてしまうこともあります。

 

冬など気温が低い時はそれほど熱いと感じないかもしれませんが、夏は気になる場合もあるかもしれません。

 

高温多湿の夏場など、お風呂場で使って熱すぎると感じる時は、お風呂以外の洗面台などで使うのがおすすめですね。

 

その際もマナラを使う時は手や顔の水気をよく拭き取って、湿気を与えすぎない状態で使用するようにしましょうね。

 

 

 

 

マナラをお風呂で使うときのまとめ

お風呂で使えるメリット

お肌が乾いた状態の方が汚れが落ちやすいなら、お風呂でクレンジングを使わない方がいいのではないか?

 

と思うかもしれませんよね。

 

しかし毎日洗顔のためだけに洗面所に行くのは時間がもったいないですし、お風呂で落としたほうがカンタンです。

 

それにお風呂で落とすクレンジングは、手が濡れている程度であればメイク落としは問題ありません。

 

お風呂でメイクを落としたほうが、毛穴が開くなどのメリットもあります。

 

ただし、あらかじめ顔の水気だけはをよく拭き取っておくことを忘れないようにしましょう。

 

乾いた肌に使用したほうがメイクが落ちやすいからです。

 

お肌が乾燥しないための、お湯の温度について

熱いお湯は皮脂を洗い流してしまうため肌が乾燥しやすくなることも。

 

入浴時のお湯の温度が高すぎないか気をつけておきたいところですね。

 

お湯の温度は38~40度程度が良いと言われています。

 

またお風呂上りはお肌表面の皮脂が流れてしまっている状態です。

 

お風呂上り2分以内には化粧水やクリームなどのスキンケアアイテムを使い保湿するようにしましょう。

 

 

マナラホットクレンジングゲルの保管場所

お風呂場におきっぱなしは止めておきましょう。

 

お風呂場は高温多湿になりやすく、化粧品が劣化しやすい環境です。

 

保存場所としておすすめできません。

 

しっかり浴室の外の、直射日光のあたらない常温が保てる場所に保管しましょう。